煙だしにガラス

おはようございます、村長です。

先日お世話になりました茅葺き屋根工事の現場にて、
元々木で覆われていた煙だし部分にガラスをはめ込みました。

もちろん作業は私ではなく優秀な大工さんです。
ちょっとしたコックピットのようで、中から上がって
覗けるようになったら素敵だなあと思ってました。

「古民家リフォーム」ってお金のかかる提案や事例が
多いですが、こういう何気ないちょっとした工夫の積み重ね
でゆっくりとしていく作業のほうが、長く家を愛することが
できるのではないかと思います。

村長もまた拠点、探さなきゃですね。

CIMG7450