ちいさく生んでゆっくり育てる

こんばんは、村長です。
ここのところずっとわが村をほったらかしに近い状態にて
遠征しており、ご迷惑をおかけしました。

今週よりまた神戸に根を張り、活動を再開しております。
そんな村長ですが、ここ最近思っていることの一つに、

「ちいさく生んでゆっくり育てる」

というものがあります。これに「大きく育てる」とついている
のが一般的でしょうし、現在のいわゆるグローバルなビジネスの
世界では「大きく生んですぐ育てる」ことのほうが正解になってますが、
最近のわたしはなんか先述の考え方がしっくりきています。

神戸市北区を中心にして、田園風景のある中で茅葺きなどの仕事に
関わっていく際には、急いても上手く進まないし、動き始めないと何も
生まれないし、だからこそたくさんの種をまき、時間をかけて育てていく
ことで周りの理解が得られたり、協力者が現れたり、タイミングよくジャンプ
アップするきっかけが生まれたり。。

そういうやりかた、考え方で行動してきちんと地に足つけて、それで
素敵な未来を切り拓いていきたいです。

これからも皆様よりのご指導ご鞭撻宜しくお願いしますね!

CIMG3869